コンテンツにスキップする

米ショッピングモールCBL、破産法申請で一部債権者と合意-株急騰

米26州で100件を超えるショッピングモールを所有するCBLプロパティーズは、米連邦破産法の適用申請を準備していると明らかにした。客足の減少や小売りスペース閉鎖が打撃となったほか、賃料収入が不足し、30億ドル(約3200億円)を超える債務の管理が困難になっているという。

  CBLの19日発表によると、同社は無担保債権者に経営権を移譲することで一部債権者と合意した。優先債保有者や合意がまだの債権者とも交渉を続ける考えを示した。現行の提案では、この法的手続きにより9億ドル相当の債務を削減できると想定されている。

  CBLはこれより先、賃借人の賃料未払いで苦境に陥っていることを投資家に明かしていた。同社が所有するショッピングモールは更生手続き中も営業を続ける見通し。

7月配信記事
米ショッピングモール所有CBL、連邦破産法の適用申請準備-関係者

  CBLは新型コロナウイルスの感染拡大で、所有または管理するショッピングモール68カ所の一時休業を余儀なくされた。4月には請求した賃料のうち、27%しか支払われていないと確認している。

  破産法適用申請計画の発表を受け、19日の米株式市場でCBLの株価は急騰。一時は前日比で71%高となった。

原題:Mall Owner CBL Properties Expects to File for Bankruptcy (1)(抜粋)

CBL Shares Surge After Mall Company Discloses Bankruptcy Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE