コンテンツにスキップする

ガラパゴス株が33%安-ギリアドと開発のリウマチ薬をFDA承認せず

ベルギーのバイオテクノロジー企業ガラパゴスの株価が、19日のアムステルダム株式市場で急落。上場来で最大の下げを記録し、時価総額の約3分の1が吹き飛んだ。同社が米ギリアド・サイエンシズと開発している関節リウマチ治療薬を、米食品医薬品局(FDA)が承認しなかったことが売り材料となった。

  FDAは治療薬フィルゴチニブのリスクや効果について懸念を示し、追加データを求めた。ガラパゴスの株価は一時33%下げ、30億ユーロ(約3770億円)を超える時価総額が失われた。ギリアドの株価も米株式市場で大きく下げている。

原題:Galapagos Suffers Record Drop as FDA Fails to Approve Drug (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE