コンテンツにスキップする

英国のインフレ率が予想外の加速-7月CPIは1%上昇

英国の7月のインフレ率は、予想外の伸びとなった。燃料価格上昇と恒例の夏季衣料品セールが行われなかったことが物価を押し上げた。

  英政府統計局(ONS)の19日の発表によると、7月の消費者物価指数(CPI)前年同月比1%上昇。エコノミスト予想のほぼ倍の上昇率となった。変動の大きいアイテムを除いたコアインフレ率は過去1年で最も高い水準に達した。

  ただ、インフレ加速は短命と見込まれる。イングランド銀行(英中央銀行)と他のエコノミストらは、インフレ率が翌月に一時的マイナスになると予想。エネルギー価格下落に加え、接客を伴うサービス業を対象とする付加価値税(VAT)引き下げや一部外食への政府助成が影響する見通しだ。

U.K. inflation rate unexpectedly rose in July, but it may not last

原題:
U.K. Inflation Rate Unexpectedly Jumps in July on Fuel, Clothing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE