コンテンツにスキップする

香港から台風7号離れる-株式取引は日本時間午後2時半に再開

更新日時
  • 香港気象当局は台風警報を下から2番目の「シグナル3」に引き下げ
  • 取引所の規則で株式取引は午後2時半に再開可能

香港株式市場の19日午前の取引を中止に追い込んだ今年最も強い台風7号(ヒーゴス)が香港から離れた。

  香港天文台はウェブサイトに掲載した資料で、現地時間午前11時10分(日本時間午後0時10分)に台風警報を2番目に低い「シグナル3」に変更したと発表した。これまでは「シグナル8」としていた。

  香港取引所の規則によれば、株式取引は現地時間午後1時半(日本時間同2時半)に再開が可能となる。

China Braces For Typhoon Higos

台風7号の影響による雨の中で歩く香港の人々(8月18日)

  2018年には台風22号(マンクット)が香港に接近して警報としては最高のシグナル10が発令された。道路はふさがれ、建物が損壊し、低地では浸水被害が出た。

原題:Hong Kong Lowers Typhoon Signal; Stock Market Trading to Resume、H.K. Lowers Storm Warning; Stock Trading to Restart at 1:30pm(1)(抜粋)

(香港の株式取引再開時間などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE