コンテンツにスキップする

トランプ氏、バイデン氏の移民政策を批判-激戦州アリゾナで演説

  • 2016年大統領選で主要争点として取り上げた移民問題に再び焦点
  • バイデン氏の計画は大規模な不法移民流入をもたらすと指摘

トランプ米大統領は18日、メキシコと国境を接するアリゾナ州で演説し、11月の大統領選で対決する民主党ジョー・バイデン前副大統領の政策について、不法移民に対して甘いと非難した。2016年の大統領選で主な争点として取り上げた移民問題に再び焦点を当てた格好だ。

  訪問先の同州ユマでトランプ大統領はバイデン氏の移民政策について、「主要政党の候補者がこれまでに提案した中で最も過激かつ極端、無謀で危険な計画だ」と述べた。

  全米規模の世論調査や主要激戦州の有権者調査でバイデン氏にリードを許す中、トランプ氏は再び移民問題を取り上げている。トランプ氏は、バイデン氏の移民問題に対する取り組みが米国人労働者の雇用を脅かし、コミュニティーの安全を低下させると指摘。「バイデン氏の計画は世界がこれまで経験したこともないような大規模な不法移民の流入をもたらすだろう」と述べた。

  バイデン氏陣営の担当者にコメントを求めたがすぐに返事はなかった。

原題:Trump Attacks Biden as Soft on Immigration in Arizona Speech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE