コンテンツにスキップする

米住宅着工件数、7月は22.6%増-16年10月以来最大の伸び

  • 着工許可件数も大きく伸び、堅調な住宅建設が持続することを示す
  • 一戸建て住宅の着工件数は94万戸-2月以来の高水準

7月の米住宅着工件数は、市場予想を上回る伸びとなった。過去最低水準にある金利を背景とした強い住宅需要に対応し、業者が建設を増やしつつある状況が示唆された。

キーポイント
  • 住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は前月比22.6%増の150万戸
    • 2016年10月以来の大幅な増加率
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は125万戸
    • 前月は122万戸(速報値119万戸)に上方修正
  • 着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は、前月比18.8%増の150万件
    • 1990年1月以来の大幅な増加率
    • 市場予想の中央値(133万件)を上回る
    • 新型コロナウイルス感染がパンデミック(世界的大流行)となる前の水準を超える
U.S. housing starts, building permits exceeded forecasts in July on low rates

  マリア・フィオリニ・ラミレスの米国担当チーフエコノミスト、ジョシュア・シャピロ氏はリポートで、「過去最低水準にある住宅ローン金利とより広いスペースを求める家族の需要が市場を活気づけており、労働市場の混乱による悪影響を補って余りある状況だ」と指摘した。

  7月の一戸建て住宅の着工件数は94万戸に増加し、2月以来の高水準。変動の大きい集合住宅は58.4%増えて55万6000戸と、前月比での増加率としては11年1月以来最大。

  一戸建て住宅の着工許可件数は17%増の98万3000件と、2月以来の高水準だった。

  建設許可は得たが未着工の一戸建て住宅の件数は10万1000戸に増え、18年末以降で最多。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Housing Starts Surge by Most Since 2016 and Permits Climb(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE