コンテンツにスキップする

香港行政長官、クレジットカード利用に一苦労-トランプ政権の制裁後

  • 米政権は政治的自由を抑圧しているとして林鄭長官らに制裁
  • 若干の不便あるが、中国と香港のため正しいことを実行-林鄭長官
林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

Photographer: Anthony Wallace/AFP via Getty Images

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

Photographer: Anthony Wallace/AFP via Getty Images

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は中国国営メディアとのインタビューで、香港国家安全維持法(国安法)施行で政治的自由の抑圧の一端を担っているとしてトランプ米政権が自身や中国高官ら11人を対象に制裁を科した後、クレジットカードの利用に一苦労していることを明かした。

  林鄭長官は中国環球電視網(CGTN)が17日遅くに掲載したインタビューで、「私自身に関して言えば、あちこちで若干の不便が生じるだろう。われわれは金融サービスを一部使わなければならず、それが米国業務を持つエージェンシーと関わることになるのか分からないからだ。クレジットカードの利用が多少妨げられる」と語りながらも、「私に言わせればこれらは実に無意味だ」と述べた。

トランプ米政権、香港行政長官ら11人に制裁-政治的弾圧で

  林鄭長官は18日の定例記者会見で、自らに対する制裁や香港全般に対するトランプ政権の対抗措置について「全く不当だ」と主張。米国を訪れることができなくても、米企業の拠点として香港を売り込む取り組みが妨げられることはなく、今回の措置を世界貿易機関(WTO)で争うことも検討していると説明した。

  同長官は会見で、「個人的なことで若干の不便はあるが、気にするものでは全くない」と表明。「今後も中国と香港のために正しいことを実行していく」と述べた。

  ビザとマスターカードの広報担当者にコメントを求めるメッセージを業務時間外に残したが、今のところ返答はない。

中国の銀行、香港当局者への米制裁措置に対応-関係者

原題:Hong Kong’s Leader Has Credit Card Trouble After U.S. Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE