コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
cojp

オンライン投資会社ロビンフッド、評価額1.2兆円-著名投資家が出資

  • サンデイム氏率いるD1キャピタルが2億ドル出資
  • 前回7月の資金調達での評価額は86億ドルだった
The Robinhood application is displayed in the App Store on an Apple Inc. iPhone in an arranged photograph taken in Washington, D.C., U.S., on Friday, Dec. 14, 2018. The Securities Investor Protection Corp. said a new checking account from Robinhood Financial LLC raises red flags and that the deposited funds may not be eligible for protection.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

オンライン投資会社ロビンフッド・ファイナンシャルは、新たに実施した資金調達で企業価値が約112億ドル(約1兆2000億円)と評価された。 ダン・サンデイム氏のヘッジファンド運用会社D1キャピタル・パートナーズが同社に2億ドル出資した。

  創業7年のロビンフッドが7月に行った前回の資金調達ラウンドでの評価額は86億ドルだった。同社は6月のDARTs(収益を伴う1営業日当たりの取引件数)が431万と、上場しているライバル企業全てを上回ったことを明らかにしていた。最新の資金調達と評価額は、ロビンフッドがブログ投稿で発表した。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)中のロビンフッドの急激な台頭は、ウォール街から強い関心と批判の両方を招いており、同社のプラットフォームは株式取引のリスクを理解していない多くの若年層ユーザーを集めているとの懸念が根強かった。 D1による新たな出資は、著名ヘッジファンド投資家から信任を得たことを示している。

  サンデイム氏はバイキング・グローバル・インベスターズの最高投資責任者(CIO)を務めた後、2018年に独立し、D1を外部投資家向けにオープンした。

原題:Robinhood Valued at $11.2 Billion With Sundheim Fund Backing (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE