コンテンツにスキップする

マコネル共和党上院院内総務、経済対策で合意を依然望んでいる

  • 民主党と合意に達すると確信持って言えない
  • 米大統領選郵便投票の遅配に関しては懸念していない

マコネル米共和党院内総務は17日、新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を支援する包括案を巡る協議は「なお続いている」が、民主党と合意に達すると確信を持って言うことはできないと述べた。

  同氏は記者会見で、この日の午前に上院共和党およびムニューシン財務長官と電話で話し合ったことを明らかにした。上院が休会中でも電話で協議は続いており、「何も失われていない」と語った。

  郵政公社については、「うまく行くだろう」とした上で、議員が郵政公社が確実に機能できるようにすると記者団に語った。また、大統領選の郵便投票で多くの遅配が発生する可能性があるとトランプ大統領が懸念していることについて、自分は懸念していないと述べた。

原題:
McConnell: Still Hoping for Deal on Stimulus, USPS Will Be Fine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE