コンテンツにスキップする
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg
cojp

外国勢の米国債保有総額、6月は7.04兆ドルに増加-日本は依然首位

  • 2月に記録した過去最高の7.08兆ドル以来の高水準
  • 日本は9億ドル増の1.26兆ドル、中国の保有残高は93億ドル減
The Tokyo Tower, top right, stands illuminated in Tokyo, Japan, on Wednesday, Oct. 23, 2019. Japan has been attempting monetary-fiscal coordination since 2013, with a joint statement by the Bank of Japan and Prime Minister Shinzo Abe’s administration pledging to work toward 2% inflation and sustainable economic growth. Under Abenomics, as it’s known, the price goal was supposed to be achieved in just two years. Six years on, inflation is stuck below 1%.
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

米国外で保有される米国債残高が6月に7兆400億ドル(約746兆円)に増加したことが、米財務省の最新データで明らかになった。2カ月連続の増加で、新型コロナウイルス感染拡大による最悪の影響を回避するため当初急増した米国の借り入れペースに外国勢の需要が後れを取っていないことが示唆された。

  17日に公表された同データによれば、外国勢の保有総額は609億ドル増加。過去最高の7兆800億ドルを記録した2月以来の高水準に達した。

  米連邦準備制度理事会(FRB)によるドル流動性を融通するスワップライン取り決めは6月も続けられていたことから、外国の中央銀行はドル資金ニーズへの対応と自国通貨の下支えで米国債売却に変わる手段を得ていた。

  中国の米国債保有残高は6月に93億ドル減少し1兆700億ドルとなり、外国勢では2位。日本は9億ドル増加し1兆2600億ドルで、引き続き外国勢の保有残高トップだった。

  租税回避地とされるアイルランドの保有残高は3304億ドルと、前月の3242億ドルから増加した。

原題:
Treasuries Held Outside U.S. Rose to $7.04 Trillion in June(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE