コンテンツにスキップする

【欧州市況】株が小幅高、旅行株下落も鉱業株に買い-イタリア債上昇

欧州株は小幅高。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念や新たな制限措置が嫌気されて旅行株が下落したが、鉱業株の値上がりが寄与した。

  ストックス欧州600指数は0.3%上昇。鉱業株のほかヘルスケア、テクノロジー株が買われた。旅行・レジャー株は14日からの下げが続いた。

  スペインとイタリアはディスコなどのナイトクラブに休業を命じ、ギリシャはバーやレストランの営業時間を制限した。欧州ではパーティーなど人の集まる場所から感染が再び広がると懸念されている。

U.S. outperformance over Europe widened again during mid-year earnings.

  欧州債はイタリア債の上昇が目立った。薄商いの中で、他のユーロ圏国債を上回るパフォーマンスだった。

  イタリア10年債利回りは低下し、ドイツ債とのイールドスプレッドは137.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、2月24日以来の小幅となった。

  ドイツ債の利回り曲線はブルフラット化。英国債は中期債を中心に上昇した。

  ドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.45%、フランス10年債利回りは3bp低下のマイナス0.16%、イタリア10年債利回りは5bp下げて0.94%。

原題:Europe Stocks Gain With Miners as Travel Firms Slump on Limits(抜粋)

Italian Bonds Lead Euro-Area Gains; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE