コンテンツにスキップする

トランプ大統領、郵政公社の運営変更は「大惨事」の是正だと説明

トランプ米大統領は17日、郵政公社が進めている運営変更は長期に及ぶ同公社の財務上の「大惨事」を是正することが目的だと説明した。全米で郵便配達に遅れが生じているのは、こうした運営変更に起因するとの批判が広がっている。

  トランプ大統領はFOXテレビとのインタビューで、「これは私が始めたことではない。これまでの運営方法は、世界的な大惨事と言えるまずさだった」と発言。「私にどうしろと言うのだ。悪い運営を続けさせろと言うのか」と問いかけた。

  郵政公社の財政支援に関する法案を採決するため、今週下院を招集するとペロシ下院議長が発表したことについて、トランプ氏は「いかさまゲームだ」と一蹴した。

関連記事

2020年の米大統領選、郵便投票が注目を集める理由-QuickTake (1)

ペロシ議長、休会短縮し下院を今週招集-郵政公社巡る法案審議へ (2)

原題:Trump Says He’s Fixing ‘Disaster’ at U.S. Postal Service(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE