コンテンツにスキップする

ドイツ連銀、回復は長い時間かかると予想-感染再拡大は大きなリスク

ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から回復するプロセスは長い道のりになるとし、かなりの期間にわたり国内総生産(GDP)は危機以前の水準を回復できないと予測した。

  連銀は、多くの国で新型コロナの感染が再び拡大し、ドイツの輸出が影響を受けていると指摘。新型コロナを巡る高い不透明性が企業投資を冷え込ませ、「ドイツの工業製品に対する需要の幅広い回復を妨げる公算が大きい」との見通しを示した。

  「経済状況の根本的な改善が実現しない場合」、追加的な財政措置が「理にかなうだろう」としつつ、新たな措置は時限的であることが重要だとくぎを刺し、「その結果として生じる赤字が一時的で時間と共に確実に解消されるようにするためだ」と説明した。

原題:
Bundesbank Sees Slow Recovery With New Infections a Big Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE