コンテンツにスキップする

米国債の今月の大幅安、株式の調整促す可能性-モルガン・スタンレー

米国債の今月の大幅な下落は株式相場に調整を引き起こす可能性があると、モルガン・スタンレーが指摘した。同行は調整後に新たな上昇局面に入ると予測している。

  マイケル・ウィルソン氏ら同行のストラテジストらは17日付のリポートで、「長期債の名目利回りが長期的な谷を形成しつつあるとの証拠が増えている。利回りは先週上昇したが、これを幾つかの短期的な材料がさらに押し上げる可能性がある」と指摘。「こうした展開は、長期リスクがより高く織り込まれるとみられる多くの株式ポートフォリオにとって非常に厳しくなる可能性がある」と続けた。

A breakout in Treasury yields may threaten stocks, Morgan Stanley says

  長期債利回りの上昇は大抵、経済成長の改善と連動しているとして、最終的には株の大幅な売りは新たな株の強気相場を促すことになるだろうとの見方を示した。

原題:Morgan Stanley Sees Stocks Hit in Bond Rout as Bull Market Forms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE