コンテンツにスキップする
Photographer: STR/AFP
cojp

中国株上昇、上海総合指数は2年ぶり高値圏-人民銀の緩和シグナルで

  • 上海総合指数は前週末比2.3%高-招商証券や中国人寿が10%上昇
  • 17日の資金供給、タイトな流動性環境巡る市場の懸念緩和-東北証
An investor looks at screens showing stock market movements at a securities company in Nanjing in China's eastern Jiangsu province on July 6, 2020. - Shanghai stocks surged on July 6 to a more than two-year high as investors piled in following a combination of rosy predictions for the market and strong economic data. (Photo by STR / AFP) / China OUT (Photo by STR/AFP via Getty Images)
Photographer: STR/AFP

17日の中国株式相場は上昇。中国人民銀行(中央銀行)がこの日、中期貸出制度(MLF)を通じて1年物資金7000億元(約10兆7000億円)を銀行システムに供給したことから、緩和的な金融政策が続くとの観測が広がった。

  上海総合指数は前週末比2.3%高の3438.80で取引を終了。約2年ぶりの高値圏にある。金融銘柄の上げが目立ち、招商証券や中国人寿保険がいずれも値幅制限いっぱいの10%高まで買われた。

中国人民銀、1年物資金10.7兆円供給-流動性ストレス緩和

China's equity benchmark is near its highest level in two years

  東北証券の沈正陽アナリスト(上海在勤)は、「今回のMLFはタイトな流動性環境を巡る市場の懸念を和らげた」と指摘。「景気回復期待の中で投資家は金融など割安株に資金を向けている。今後数日は値上がりが他のセクターに広がるとみられ、積極的な売買が全般的に続く」とコメントした。

  上海総合指数は年初来で約13%上昇と、世界の主要株価指数でも上げが目立っている。

原題:
China Stocks Rally Near Two-Year High on PBOC’s Easing Signal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE