コンテンツにスキップする

ゴールドマン、S&P500の年末の見通しを20%上方修正-3600に

ゴールドマン・サックス・グループは年末時点のS&P500種株価指数の見通しを引き上げた。今年3月につけた安値からの猛烈な上げはストラテジストの予想をはるかに上回っている。

  ゴールドマンのストラテジスト、デービッド・コスティン氏はS&P500種予想を3600と、従来予想の3000から20%上方修正した。コスティン氏以外にも、調査会社ヤルデニ・リサーチ創業者のエド・ヤルデニ氏やRBCキャピタル・マーケッツのロリ・カルバシナ氏がここ数週間に同指数の予想を引き上げている。

  S&P500種は14日終値で3372.85と、3月の安値から51%上昇しており、2月に付けた終値ベースの最高値に迫っている。

  コスティン氏は14日付のリポートで、「ここ数カ月間に見られたように、株価は、予想される今後の収益動向だけでなく、そうした収益が現在の価値にどれほど織り込まれているのかにも左右される」と指摘、「今後、株式のリスクプレミアム低下は債券利回りの上昇を上回るだろう。コンセンサスを上回る当行の1株当たり利益予想と合わせると、S&P500種は年末までに3600へと上昇するだろう」と分析した。

The S&P 500 is nearly back to its February record closing high

原題:Goldman Boosts S&P 500 Target by 20% as Strategists Catch Up

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE