コンテンツにスキップする

タイのバンコクで大規模デモ、現政権退陣や国王の権限縮小求める

  • マスク姿の参加者は3本指を立てるジェスチャーで抗議活動を展開
  • 国民の大部分がデモに反対とプラユット首相は語っていた

タイの首都バンコクで16日、大規模な反政府デモが行われた。参加者は1万人余りと過去最大級で、軍主導の現政権の退陣や国王の権限縮小などを求めた。

  マスク姿でプラカードを掲げた参加者はバンコク中心部の民主記念塔前に集結。3本指を立てるジェスチャーで、議会の解散や新憲法制定に加え、人権侵害に歯止めをかけるよう訴えた。

Anti-Government Protests Continue In Bangkok Amid The Coronavirus Pandemic

バンコクの民主記念塔前で行われた反政府デモ(16日)

写真家:Lauren DeCicca / Getty Images

  今回のデモでは政権打倒のほか、厳格な不敬罪の撤廃や王室財産管理局(CPB)からの王室資産の分離などを求める参加者もいた。タイでは王室批判はタブー視されており、公然と批判すれば長期の禁錮刑かそれ以上に厳しい処罰を科される恐れがある。

  2014年のクーデターを主導した軍人出身のプラユット首相は先週、国民の大部分がデモに反対し、王族からも抗議活動をやめるよう求める声が高まっていると述べていた。

原題:
Thousands Protest in Bangkok Against Government, Monarchy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE