コンテンツにスキップする

米国、対イラン制裁復活に向け手続きへ-国連安保理で決議案否決後

米国が国連安全保障理事会に提出した対イラン武器禁輸措置の延長を求める決議案は14日夜、採決にかけられ拒否された。

  安保理理事国15カ国のうち、米国を支持したはドミニカ共和国のみ。ロシアと中国が反対し、他の11カ国は棄権した。

  トランプ米大統領は15日、「スナップバック」と呼ばれる仕組みを通じて対イラン安保理制裁措置を復活させる手続きを取る方針を示した。

原題:U.S. Bid to Extend Iran Arms Ban Suffers Stinging Defeat at UN、*TRUMP: ‘WE’LL BE DOING THE SNAPBACK’ ON IRAN SANCTIONS AFTER UN(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE