コンテンツにスキップする

バークシャー、銀行株保有減らし産金のバリックに新規投資-4~6月

  • ゴールドマン株保有はゼロ-最近数週間はBofA株増やす
  • バリック・ゴールド株の保有は6月末時点で約600億円相当

ウォーレン・バフェット氏率いる投資・保険会社の米バークシャー・ハサウェイはJPモルガン・チェースなど銀行株への投資を減らし、産金会社バリック・ゴールドに資金を投じた。

  当局への14日の届け出によれば、バークシャーは4-6月(第2四半期)にJPモルガンとウェルズ・ファーゴの持ち分を大きく減らした。

  また、ゴールドマン・サックス・グループの株式保有をやめ、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ株も減らした。

  ただバークシャーは銀行株に見切りをつけたわけではなく、ここ数週間はバンク・オブ・アメリカ(BofA)株の保有を増やしている。

  新たに買い入れたバリック・ゴールド株の保有は6月末時点で約5億6400万ドル(約600億円)相当。

原題:Berkshire Cuts Bets on Banks, Adds Wager on Barrick Gold (2)(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE