コンテンツにスキップする

4-6月GDPは年率27.8%減、戦後最悪- 3期連続マイナス

更新日時
  • 個人消費8.2%減、設備投資1.5%減、外需寄与度マイナス3.0%
  • 極めて悪い数字、経済正常化までに時間要する-第一生命経研の新家氏

2020年4-6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率で27.8%減と、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内外の経済活動が停滞する中、GDP統計をさかのぼれる1955年以降で最大の落ち込みとなった。マイナス成長は3四半期連続。内閣府が17日発表した。

  4月に緊急事態宣言が発令され、外出自粛や休業要請でGDPの過半を占める個人消費が大幅に縮小したほか、企業の設備投資や輸出も減少した。

キーポイント

  • 4-6月期実質GDPは前期比7.8%減、年率換算27.8%減(ブルームバーグ調査の予想中央値はそれぞれ7.5%減、26.9%減)-前期はそれぞれ0.6%減、2.5%減
  • 個人消費は8.2%減(予想6.9%減)-前期0.8%減
  • 設備投資は1.5%減(予想4.0%減)-前期1.7%増
  • 輸出は18.5%減、輸入は0.5%減-外需寄与度はマイナス3.0%
3四半期連続のマイナス成長

   西村康稔経済再生担当相はGDP発表後の記者会見で、「4月、5月に緊急事態宣言を発出し、いわば人為的に経済を止めていた状況であり、その影響でこうした厳しい結果となっている」と述べる一方、特別定額給付金など各種支援策の下支え効果もあり、欧米主要国に比べて「減少幅は抑えられている」と説明。ソフトウエアを中心とした設備投資の底堅さ、物流や再開発に期待を示した上で、「4月、5月を底として内需主導で成長軌道に戻していくことができるよう、経済財政運営に万全を期す」と語った。

詳細(内閣府の説明)

  • 実質GDPは統計をさかのぼれる1955年以降で最大の落ち込み、現行基準の1980年以降で過去最低の伸び率
  • 個人消費は現行基準の1980年以降で過去最低の伸び率
    • パソコンやエアコンが増加に寄与した一方、外食や旅客輸送、娯楽、宿泊が減少に寄与
  • 設備投資は自動車などの支出減少が寄与
  • 純輸出の寄与度、1980年以降で過去最低の伸び率
    • 輸出は現行基準1980年以降でリーマン時09年1-3月期の25.5%減に次ぐ低い伸び率
    • 輸入は海外旅行消費や自動車が減少に寄与、パソコンは増加寄与

エコノミストの見方

第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミスト:

  • 予想通りではあるが極めて悪い数字。消費、輸出が緊急事態宣言や海外のロックダウン(都市封鎖)によって大きく押し下げられた
  • 7-9月期は10%以上の成長が見込まれるが、大きな落ち込みを全てカバーすることにはならない。経済の正常化までには時間を要する
  • 足元で感染者数が増えているなど、戻りの強さについては不透明感が強い
  • これほど経済活動が下がると今後の雇用や設備投資の先行きについて不安が残る。給付金などでこらえてはいるが耐え切れず、さらに多くの企業が投資を縮小したり雇用を調整してもおかしくはない

ニッセイ基礎研究所の 斎藤太郎経済調査部長:

  • 新型コロナ感染拡大の影響で4-6月期は消費と輸出を中心に内外需ともに過去最悪のマイナス成長に落ち込んだが、月別にみると景気は5月に底を打ち、6月は持ち直している。緊急事態宣言が5月下旬に解除されたことで、6月の水準は4-6月期の平均よりもかなり高くなっており、先行き7-9月期の成長は年率で10%を超えてくるとみている
  • ただ7月、8月とコロナ陽性者が増え、地方自治体を中心に自粛要請や緊急事態宣言が出されており、6月に戻った後の景気の回復ペースは極めて鈍い、もしくは足踏み状態にならざるを得ない。7-9月期が年率10%を超える成長となっても、経済の正常化は遅れているという評価になる
  • 自粛を緩めない限り景気は回復しないが、今後の政策対応としては、春の補正予算と同様に家計と企業の救済策に絞らざるを得ないだろう

IHSマークイットの田口はるみ主席エコノミスト:

  • 消費が予想よりも悪かった。やはりモノの動きだけでつかめないサービスの影響が強かったと思う。設備投資はこれから影響が広がってくる可能性があるだろう
  • 消費は第3四半期は戻すと思う。ただ東京などでの感染拡大でビジネスへの自主規制の可能性を考えると、回復は弱まってしまうリスクがある
  • 大規模ではなくても第3次補正予算というのは年後半か来年の初めにやってくる可能性はある。まだ需要喚起に集中するのは難しいだろう。感染拡大が収まらないなら事業継続にウエートを置いた政策にならざるを得ない
関連記事
(西村再生相のコメントと内閣府の説明を追加、エコノミストコメントを差し替えて更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE