コンテンツにスキップする

週末の米中協議は無期延期、第1段階貿易合意の履行点検関連-関係者

米国と中国は週末に計画していた貿易合意に関する協議を延期した。第1段階の合意発効から6カ月の節目に際し、両国は履行状況を点検するための協議を予定していた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  中国の劉鶴副首相は米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官とビデオ会議を行うことになっていたが、日程は無期限に延期されたと、同関係者が述べた。USTRにコメントを求めたが返答はない。

  この協議については、米中両政府ともに公式日程として発表したことはない。しかし香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は14日、協議が15日に予定されていると報道。中国外務省の趙立堅報道官は、ハイレベル協議に関する情報は「そのうちに」公表されるだろうと述べていた。

  協議延期については、スケジュール上の都合が理由だとしてロイター通信が先に伝えていた。

関連記事
米中、貿易合意の6カ月検証を延期-ロイター

原題:
U.S., China Postpone Weekend Talks on Trade Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE