コンテンツにスキップする

【欧州市況】株下落、英国の隔離措置で旅行株安い-ドイツ債が小幅高

14日の欧州株は下落。幅広い銘柄で売りが広がった。英国が入国者の自主隔離規制の対象を広げたことから旅行株の売りが特に目立った。

  ストックス欧州600指数は1.2%安。業種別19指数はいずれも下落した。旅行・レジャーの株価指数は2.3%安。英国は入国者への14日間の隔離措置の対象に、フランスやオランダなどからの渡航者を加えた。石油株も安い。ノルウェーの資源探査会社PGSは3.1%下落。同国の競合会社TGSノペック・ジオフィジカルが提示した部門買収案を拒否したことが嫌気された。

  週間ベースでのストックス600は前週に続き上昇。新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念が高まり、上げ幅は前週から縮小した。ドイツでは新規感染者数が5月1日以来で最も増えた。

Stoxx 600 needs momentum to break 200-day moving average

  欧州債はドイツ債、イタリア債が小幅高。前日までは3日続落だった。週間ベースでの利回りはいずれも約2カ月ぶりの大幅上昇となった。

  ドイツ債の利回り曲線はベアスティープ化。イタリア債とのイールドスプレッドは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して141bp。

  英国債もベアスティープ化。5年債と30年債の利回り差が拡大し、ここ1年で最大となった。10年債と30年債の利回りは週間ベースで6月初め以来の大幅上昇。

  ドイツ10年債利回りは1bp下げてマイナス0.42%。フランス10年債利回りは変わらずのマイナス0.13%。イタリア10年債利回りは2bp低下して0.99%。

原題:European Stocks Fall as Travel Shares Slump on Quarantine Rule

German, Italian Bonds Edge Higher; End-of-Day Curves, Spreads

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE