コンテンツにスキップする

英イングランド、約340万人が新型コロナに感染か-抗体調査で判明

  • イングランドの感染率は6%、ロンドンでは13%に
  • 感染者のほぼ3人に1人は無症状、65歳以上で目立つ

英イングランドでは人口の6%に相当する340万人程度が新型コロナウイルスに感染していたことが、大規模な抗体調査で示唆された。ロンドンに限ると感染率はその2倍だという。

  この抗体調査は10万人超を対象とし、この種の調査としては世界最大規模だと英政府は主張している。結果から、地域間や人口集団によって感染状況が大きく異なっていることも判明した。

  英保健省とインペリアル・カレッジ・ロンドンが公表した調査結果によれば、ロンドンでは人口の13%に新型コロナの抗体があった一方で、イングランド南西部は3%にも満たなかった。また黒人やアジア人、その他の人種的マイノリティーのほか、ケアワーカーや世帯規模の大きい人々の感染率が特に高い傾向があった。

  この調査は6月20日から7月13日にかけて実施され、対象となった10万人は自宅で新型コロナの抗体を検査した。英政府は、抗体があるからと言って免疫を獲得しているという確固たる証拠はないと主張している。

  調査によれば、抗体が見つかった比率が最も高かったのはケアホーム従業員(16%)や医療ケアスタッフ(12%)だった。抗体を持つ3人に1人は無症状で、65歳以上で特にその傾向が強かったという。

原題:Mass Antibody Study Finds 3.4 Million in England Had Covid-19(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE