コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、価格急騰の天然ガス関連ETNを清算へ

クレディ・スイス・グループは、過去数日に価格が急騰し純資産価値から乖離(かいり)した天然ガス関連の上場投資証券(ETN)を清算する計画だ。

  レバレッジド・インバースETNのベロシティシェアーズ・デーリー・3X・インバース天然ガスETNは既に6月22日に証券の発行が停止され、7月12日にニューヨーク証券取引所のアーカ取引所で上場停止となっていた。8月25日に清算すると、クレディ・スイスが発表した。ブルームバーグがまとめたデータによると、残高は30万5400口。

  同ETNの価格は近年、600ドル(約6万3990円)を上回ったことがなかったが、過去5営業日にそれぞれ35%、34%、29%、223%、400%上昇し、12日は1万5000ドルで取引を終了した。純資産価値は124.01ドル。総資産の3790万ドルに対し、時価総額は45億8000万ドルに達した。

  クレディ・スイスによると、保有者は連続した5営業日の取引終了時点のインディカティブNAV平均相当額を受け取る。対象の5営業日は8月14-20日となる見込みだという。広報担当者はそれ以上のコメントを控えた。

The VelocityShares 3x Inverse Natural Gas ETN has jumped recently

原題:
Credit Suisse to Liquidate Natural Gas ETN That Went Parabolic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE