コンテンツにスキップする

伊藤忠:ファミマTOB、買付価格の変更を検討する余地はない

伊藤忠商事は13日、ファミリーマートへのTOBについて、伊藤忠が妥当と考える評価額を超えたプレミアムを付加することは不可能で、1株2300円という買付価格の変更を検討する余地はないと発表した。

  • 既存のビジネスモデルの延長線上でファミマの急激な業績回復を見込むことは相当に困難であると言わざるを得ない
  • TOB不成立の場合は親子上場を維持したまま現状の延長線上でファミマが主導する収益回復や成長戦略に筆頭株主として協力
  • ファミマの非公開化が同社の企業価値の向上に資するとの判断に、ファミマと伊藤忠の間に齟齬はない
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE