コンテンツにスキップする

トランプ氏、エスパー米国防長官の大統領選後の更迭を検討-関係者

  • 自分を公に擁護するエスパー氏の努力が足りなかったと不満を抱いた
  • 抗議デモ鎮圧に軍を投入する考えに公に反対したことにも腹を立てた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領が、エスパー国防長官を11月の大統領選後に更迭したい意向を非公式に示したと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者の1人によれば、エスパー国防長官は、大統領選の結果にかかわらず退任するつもりだと自分に近い人々に話したという。これは、トランプ大統領が11月の選挙で敗れた場合、トランプ氏がホワイトハウスを去る約2カ月前にエスパー氏が政権を離れる可能性を意味する。

President Trump Participates In The Establishment Of U.S. Space Command

トランプ米大統領とエスパー国防長官

(2019年)

写真家:Al Drago / Bloomberg

  トランプ氏は、2019年7月に就任したエスパー国防長官について、ロシアがアフガニスタンの反政府勢力タリバンに対し、駐留米兵殺害に報奨金を出したとされる問題などを巡り、自分を公に擁護する努力が足りなかったと不満を抱いてきた。

  大統領はまた、エスパー氏が今年6月時点で人種問題に関連する抗議デモの鎮圧に軍を投入する考えに公に反対したことにも腹を立てていた。トランプ氏がエスパー氏をなお信頼しているかとの質問に対し、マクナニー大統領報道官は当時、「大統領が信頼を失ったとすれば、われわれ全員が将来それについて知ることになるだろう」と述べていた。

  国防総省のジョナサン・ホフマン報道官は、国に貢献することは、エスパー国防長官にとって「最高の栄誉であり名誉だ」と発言した。  

原題:Trump Weighs Replacing Esper at Pentagon After November Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE