コンテンツにスキップする

中国の香港民主派弾圧に非難を、台湾総統が国際社会に呼び掛け

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

台湾の蔡英文総統は、中国による香港の民主派弾圧に非難の声を上げるよう国際社会に訴えた。また自身はインド太平洋地域における「民主主義のとりで」を率いる存在だと強調した。

Taiwan Heads to Polls In Presidential And Legislative Election

蔡英文総統

  蔡総統は12日、米シンクタンクのハドソン研究所主催のオンラインイベントで、「台湾人2300万人には、自らの将来を決める権利がある。中国政府が取っているアプローチとは正反対だ」と指摘。中国の行動を非難したとして米国と英国を称賛しつつ、さらに多くの国が同様に声を上げるべきだと呼び掛けた。蔡総統の演説は事前に録画されたもので、英語で行われた。

  蔡総統は、「平和と対等、繁栄、そして対話」を基礎として中国と話し合うことには前向きだと、あらためて主張。ただその上で、台湾には自らを防衛する能力を持つべきだと述べた。総統は、中国の侵略を阻止するための台湾の軍改革への取り組みや、「非対称戦力」の強化を強調した。

  総統はまた、米国との関係は「かつてなく近い」とし、台米が自由貿易協定(FTA)締結に向けた動きを加速させることは可能だと期待感を表した。

原題:Taiwan Leader Urges More Nations to Press China Over Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE