コンテンツにスキップする

中国、不動産開発業者の債券発行ルール厳格化-市場回復でリスク警戒

中国は同国の不動産開発業者が債務拡大に走るのを抑制するため、新たな措置を講じた。中国住宅市場の回復は力強く、政策当局がリスク阻止に再び焦点を置いている状況を示唆する。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、中国銀行間市場交易商協会(NAFMII)が新たな指針を示し、住宅用不動産の開発業者が起債を申請できるのは、調達資金を債務借り換えに充当する場合のみだと通達した。

  また、新たに発行する債券の規模は、発行体が返済義務を負う債務残高の合計の85%を超えてはならないという。同関係者が公に話す権限がないことを理由に匿名を条件に語った。不動産開発業者は従来、起債で得た資金を債務返済にも他の目的にも使うことができた。

  新ルールの適用は債券取引の主要市場である銀行間市場のみで、8月10日以降に施行されたと関係者は述べた。

  NAFMII当局者に電子メールでコメントを求めたが、これまでに返答はない。  

原題:
China Tightens Bond Financing Rules for Developers to Curb Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE