コンテンツにスキップする

EUの共同債、安全や安定はドイツ債に及ばず-ゴールドマン

  • 欧州の安全投資先としてドイツ債の地位は揺るぎない
  • 共同債のリスクプロファイルはフランスなどに近い可能性

欧州が計画している共同債は、域内の債券市場に新たな巨大債券をもたらすことになるが、ゴールドマン・サックス・グループはそれでも安全と安定という観点からドイツ債が指標国債であることに変わりないとみている。

  ジョージ・コール氏らゴールドマンのストラテジストは顧客向けリポートで、欧州連合(EU)は共同債に対して最高の格付けを主張するが、ユーロ崩壊シナリオといった極端なリスク見通しに対してドイツ債が提供するような「保険的な価値」は共同債にはないだろうと指摘した。

  それよりも共同債のリスクプロファイルは、ドイツほどではないが安全な代替先と考えられているフランスなどの国により近い可能性があるとの見方を示した。

  コール氏らは「EU債はドイツ債ではない。ドイツ債は単に利回り水準だけでなく、経験的な動きからも明らかに指標となる安全資産だ」と記述。「EUの復興基金は欧州の制度的な枠組みに向けた重要な一歩だが、それでもなおドイツ債は欧州の確固たる安全資産として、卓越した地位にある」と指摘した。

European Union's new bonds will likely yield similar to France, Goldman says

原題:Goldman Says EU’s Joint Bond Sales Are No Match for Germany Debt

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE