コンテンツにスキップする

ベラルーシにEUが制裁再開の可能性、14日に緊急外相会合を開催

欧州連合(EU)はベラルーシの情勢不安を協議するため、14日に緊急外相会合を開く。一部からは同国に対する制裁再開の提案も浮上している。

  ドイツのマース外相は11日にモスクワで、「ベラルーシが正しい方向に進む措置を講じたとして、EUは同国への制裁を解除した」と説明。「しかし今、過去数週間とりわけ過去数日の事態に鑑み、その決定を変更する必要があるのかどうか、早急にそうするべきかどうかをEUで非常に真剣に協議する必要がある」と続けた。

  ベラルーシではルカシェンコ大統領再選への抗議で、3夜連続でデモ隊と警察が衝突。EUの外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は、選挙は「自由でも公正でもなかった」と批判し、デモ行動を鎮圧する動きは「容認できない」と述べた。

ベラルーシの反政権派候補が国外脱出、抗議デモの弾圧強まる

原題:Belarus Faces Risk of EU Sanctions Amid Protests Over Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE