コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資の貝殻找房、米IPOは2240億円規模に-関係者

  • IPO価格は1ADS当たり20ドルに設定方針-仮条件レンジ上回る
  • 貝殻找房の価値、225億ドルとの評価-ソフトバンクGの投資成功か

ソフトバンクグループやテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する中国のオンライン不動産取引プラットフォーム、貝殻找房(KEホールディングス)が計画している米国での新規株式公開(IPO)は21億ドル(約2240億円)規模となる見込みだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、貝殻找房はIPO価格を1米国預託株式(ADS)当たり20ドルに設定する方針だと投資家候補に伝えた。1億600万ADSのIPOの仮条件レンジは17-19ドルだったことから、旺盛な需要があることを示した。

  貝殻找房が届け出で記載した発行済み株式に基づくと、1ADS当たり20ドルであれば同社は225億ドルと評価される。貝殻找房に100億ドルとの評価で13億ドルを投じたソフトバンクグループにとっては成功となりそうだ。

  検討は続いており、IPO価格は最終決定していないと関係者は話した。貝殻找房の担当者はコメントを控えた。

原題:
Softbank-Backed KE Said Set to Raise $2.1 Billion in U.S. IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE