コンテンツにスキップする

英が景気後退入り-2QもGDP前期比20.4%減、欧州で最も深刻

更新日時
  • 2009年以来の景気後退入り、第1四半期は前期比2.2%減少
  • 新型コロナが英国に与えた打撃は「並外れていた」-スナク財務相

英政府統計局(ONS)が12日発表した4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は前期比20.4%、前年同期比21.7%それぞれ減少した。

  新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)期間中の経済の落ち込みが、欧州主要国と比較して最も深刻だったことが浮き彫りになった。英政府のパンデミック(世界的大流行)対応の是非があらためて問われることになりそうだ。

  英国は1-3月(第1四半期)もGDPが前期比2.2%、前年同期比1.7%減少しており、2009年以来のリセッション(景気後退)入りが正式に確認された。

U.K. economy shrinks amid pandemic

  スナク財務相はGDP発表後にスカイニューズとのインタビューに応じ、新型コロナが英国に与えた打撃は「並外れていた」と述べ、英国経済の構造がGDPの低迷をもたらしたと説明した。

  スナク氏は「例えば外食や映画、ショッピングなどの社会活動が英国の経済に占める割合は、大半の欧州諸国と比べてとても大きい」と述べた。

  雇用見通しについては厳しさが続くとの見解を示し、「困難な状況が待ち受けていると以前にも述べた。そしてGDP統計がその時が来たことを裏付けている」と述べ、「数十万人がすでに職を失っているが、悲しいことにこの先数カ月間でさらに多くの人が失職するだろう」と続けた。

原題:U.K. Has Worst Economic Slump in Europe With 20.4% Contraction(抜粋)

U.K.’s Worst Slump in Europe Raises Pressure to Sustain Rebound(抜粋)

Sunak Says Virus Had ‘Outsized’ Impact on U.K. Economy(抜粋)

(第4段落以降を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE