コンテンツにスキップする

8月11日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株反落、景気対策協議の行き詰まり懸念-金は大幅安

  11日の米株式市場では、S&P500種株価指数が反落。朝方から堅調に推移していたが、取引終了の約1時間前に急失速して下げに転じた。米追加景気対策協議が近く合意に至らないとの懸念から、相場上昇の原動力となってきた銘柄の一部に売りが広がった。

  • S&P500種が8営業日ぶり反落、景気対策協議の難航を嫌気
  • 米国債は下落、10年債利回り0.64%
  • 円が安い、対ドルで一時約2週間ぶり安値-ドルは上げに転じる
  • NY原油は反落、需要悪化懸念で上値重く
  • 金スポット相場、7年ぶり大幅安-債券利回り上昇で

  S&P500種の下落は8営業日ぶり。一部トレーダーは、景気対策協議が行き詰まっているとのマコネル共和党上院院内総務の発言が嫌気されたと指摘した。テクノロジー株の比重が大きいナスダック100指数は3日続落。米国債利回りは上昇。金は7年ぶりの大幅安となった。

  グラディエント・インベストメンツのポートフォリオマネジャー、キース・ガングル氏は「利益確定が広がった。これまで良いパフォーマンスを見せていない銘柄へのローテーションに動いている」と分析した。

  S&P500種は前日比0.8%安の3333.69。ダウ工業株30種平均は104.53ドル(0.4%)下げて27686.91ドル。ナスダック総合指数は1.7%安。米国債市場では、10年債利回りが7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、0.64%。

  外国為替市場では円が下落。米国債利回りが上昇する中、一時はドルに対して約2週間ぶり安値を付けた。ドルは一時の下げから反転した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。円は対ドルで0.5%安の1ドル=106円49銭。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1740ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反落。200日移動平均が上値抵抗線となった。世界で猛威を振るい続ける新型コロナが秋にかけても需要を抑制する可能性が意識された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物9月限は33セント(0.8%)安の1バレル=41.61ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は49セント安の44.50ドル。

  金スポット相場は7年ぶりの大幅安。最近ではマイナスの実質金利が金相場の上昇を後押ししていたが、この日は米国債や欧州債の利回りが上昇。一連の国債・社債発行が控える中、米10年債利回りは6月以来の大幅上昇となった。この日発表された7月の米生産者物価指数(PPI)では、コア指数の前年比での伸びが加速した。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限も大幅反落となり、4.6%安の1オンス=1946.30ドルで終了した。

◎欧州市況:株上昇、米減税の可能性が支援材料-ドイツ債は下落

  欧州株は上昇。7月23日以来の高値をつけた。トランプ米大統領がキャピタルゲイン減税を検討していると述べたことに反応し、リスク資産に買いが入った。

  ストックス欧州600指数は1.7%高。旅行や自動車銘柄が値上がりした。中国での自動車販売増加が好感された。

  新型コロナウイルスの感染拡大防止策に伴う外出規制がプラスに寄与した企業の株価が値上がりした。オンライン衣料品販売の独ザランドは1.9%上昇して最高値を更新。同社の4-6月(第2四半期)決算は利益が前年同期から倍増した。

  IG(ロンドン)のチーフ市場アナリスト、クリス・ビューチャンプ氏は、さらに減税が発表される可能性は「地合いを押し上げ、欧州市場と米先物市場にとって大幅な支援材料だった」と述べ、「決算シーズンもおおむね終了し、今の注目は米国の追加景気対策と地政学情勢に戻っている」と指摘した。

  欧州債はドイツ債がベアスティープ化。ロシアが新型コロナウイルス感染症(COVID19)の最初のワクチンを承認したほか、7月の米生産者物価指数(PPI)がエコノミスト予想を上回る伸びを示したことで株が上昇し、ドイツ債への安全逃避買いが巻き戻された。

  ドイツ10年債利回りは7月27日以来の高水準に上昇した。30年債利回りは6月以来の大幅上昇。

  イタリア債は小幅安。10年債利回り、同年限のドイツ債とのイールドスプレッドはいずれも2月以来の低水準となった。

  英国債は10年債を中心に下落。同様に安全資産としての買いが巻き戻された。10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.20%と、4月7日以来の大幅上昇となった。同利回りは1週間前には過去最低の0.063%をつけていた。

 ドイツ10年債利回りは5bp上げてマイナス0.47%。フランス10年債利回りは4bp上げてマイナス0.20%。イタリア債は3bp上昇して0.95%。

原題:Haven Unwinding Drives Bund Bear-Steepening; End-of-Day Curves(抜粋)

Europe Stocks Rise on U.S. Tax-Cut Bets as Lockdown Winners Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE