コンテンツにスキップする

債券取引のトゥルーミッド、TPGなどが価値10億ドル超と評価

債券取引プラットフォームのトゥルーミッド・ファイナンシャルが実施した最新の資金調達ラウンドでは、Tロウ・プライス・アソシエーツやブラックロックが運営するファンドやアカウントが出資に参加。トゥルーミッドの企業価値は10億ドル(約1065億円)超に押し上げられ、前回調達が行われた5月時点の2倍を上回った。

  11日のトゥルーミッド発表によれば、TPGとドラゴニア・インベストメント・グループも出資に参加した。調達した資金は新興市場向けの商品投入や、アジアなど新たな地域への参入に費やす計画。

  マーケットアクセス・ホールディングストレードウェブ・マーケッツを追い上げているトゥルーミッドは、今回の企業評価でさらに足場を固めるだけでなく、社債市場の電子化推進に世界トップ級の資産運用会社からお墨付きを得たことになる。社債市場はいまだにその4分の3近くが電話で取引されており、デジタル時代から取り残された最後の金融市場とみなされている。

原題:TPG Values Bond Platform Trumid Past $1 Billion in Funding Round(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE