コンテンツにスキップする

ゴールドマン、S&P500企業の通期利益予想引き上げ-4~6月好調で

  • 4-6月決算でアナリスト予想を上回った企業は8割超、過去最高
  • 経済的な衝撃は小規模企業で大きく、大企業は比較的免れた-GS

ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストらは、4-6月(第2四半期)決算でアナリスト予想を上回った企業の数が過去最多だったことに鑑み、S&P500種株価指数構成企業の利益見通しを上方修正した。

  デービッド・コスティン氏率いるゴールドマンのストラテジストは、2020年のS&P500種構成企業の1株利益見通しを従来予想の115ドルから130ドルに引き上げ、前年の水準に比べ21%減とした。21年の1株利益は170ドルに回復すると見積もるが、4-6月の好調でこの予想にあらためて確信を持てたという。

  

More than 80% of S&P 500 companies have beat analyst estimates in Q2

  予想を上回る4-6月の業績は、S&P500種株価指数の構成にヒントがあるとコスティン氏らは述べた。同四半期の米国内総生産(GDP)は前年同期比およそ10%縮小し、1株利益で約60%の減少に相当するが、経済的な衝撃は小規模の企業に並外れて大きかったと指摘。大企業は強固なバランスシートや高水準の利幅により、衝撃を比較的免れたと説明した。

  締めくくりに近づいている4-6月の決算発表で、利益が予想を上回った企業は8割を超えた。この比率はブルームバーグがデータを開始した1993年以降で最高。合計で予想を約22%上回った。7-9月(第3四半期)のアナリスト予想は上方修正されつつあり、ブルームバーグ・インテリジェンスのデータによると、S&P500種構成企業の7-9月利益は前年同期比23%減と見込まれている。1カ月前の予想は25%減だった。

relates to ゴールドマン、S&P500企業の通期利益予想引き上げ-4~6月好調で

原題:
Goldman Ups Profit Estimates Amid Record Beat Rate: Taking Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE