コンテンツにスキップする

ロシア、新型コロナワクチンを世界初承認-臨床試験は未完了

更新日時
  • ロシア開発のワクチン、10月にも大規模な接種を開始する計画
  • プーチン大統領、自身の娘の1人も接種したと公表

ロシアは新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチンを世界で初めて承認したと、プーチン大統領が発表した。臨床試験はまだ完了していないが、大規模な接種を速やかに開始することに期待を示した。

  プーチン氏は11日、テレビ放映された政府会合で、「新型コロナウイルス感染症に対する世界で初めてのワクチンが今朝登録された」と発言。自分の娘の1人がすでに接種したと明らかにした上で、「大量生産を間もなく始めることができると期待している」と語った。

  このワクチンはモスクワのガマレヤ研究所とロシア直接投資基金が開発したもので、第3相試験を先週開始したばかり。試験完了は1月までかかる可能性があるが、承認で来月から生産が始まり、当局者らは10月にも市民の大規模な接種開始を計画している。

  ゴリコワ副首相は同じ会合で、医療関係者を対象とした接種が月末までに開始できる可能性があると述べた。

  新型コロナウイルスのワクチン開発を巡っては、世界的な競争が起きている。アストラゼネカやモデルナなどの企業は現在最終段階の臨床試験を実施しているところで、間もなく結果が判明すると見込まれる。一部の製薬企業は、ロシアの性急な承認は危険だと警告。世界保健機構(WHO)のデータベースでは、ロシアのワクチンはまだ第1相試験の段階でしかないとされている。

  

Gradual Decline

Russia's number of new Covid-19 cases is less than half of its May peak

Source: National Virus Response Center

原題:Putin Approves First Covid-19 Vaccine Even as Trials Continue(抜粋)

(情報を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE