コンテンツにスキップする

中国、香港立法会議員の任期を1年延長-香港メディア

  • 全人代常務委は立法会の運営を継続する決議採択-TVB
  • 香港政府はコロナ感染急拡大を理由に立法会選を2021年9月に延期

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は11日、香港政府が決めた異例の立法会(議会)選挙の1年延期を認めたと、香港メディアが報じた。香港を担当する高官への米制裁にもかかわらず、議会選の実施を先延ばしする。

  TVBが情報源を示さずに報じたところによると、全人代常務委は立法会の運営を継続する決議を全会一致で採択。議員の任期は1年延長されると香港01は伝えた。

  立法会選の延期で、次回選挙への立候補が禁止された民主派12人のうち、梁継昌、郭栄鏗、郭家麒、楊岳橋の現職4氏の任期も延長すべきかどうかという問題が浮上。全人代常務委の唯一の香港選出委員、譚耀宗氏や他の親中派はこうした民主派議員が職にとどまることを認めるべきではないと主張している。

  香港政府は新型コロナウイルス感染急拡大を理由に立法会選の実施を2021年9月に延期することを決めた。

原題:
China Extends Term of Hong Kong Lawmakers by a Year, Reports Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE