コンテンツにスキップする

銀行・信金貸し出しの伸びが過去最高更新、都銀は一服感-日銀

  • 7月6.3%増、実質無利子融資の実行で地銀の伸び拡大
  • 予備的資金需要がピークアウト、大企業は市場調達シフトも

日本銀行が11日に発表した7月の貸し出し・預金動向によると、銀行・信金計の貸し出し(月中平均残高)が572兆7058億円と前年比で6.3%増加し、残高・伸び率ともに過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、地銀が中小企業向けの実質無利子融資を拡大させている一方、都銀には一服感も出ている。

  業態別にみると、地銀・第二地銀が同5.1%増と前月の同4.7%増から伸び率が拡大し、1991年7月の過去最高に並んだ。一方、都銀は同7.8%増となり、前月の同8.6%増から伸びが鈍化している。

  日銀金融機構局によると、地銀や信金の主要な取引先である中小企業向け融資が実質無利子融資の実行を主因に拡大している。一方、都銀で取引が多い大企業では資金需要に一服感が見られ、一部はコマーシャルペーパー(CP)や社債などの市場調達へシフトしているという。

  預金平残は、都銀と地銀・第二地銀の合計で786兆1232億円と同8.3%増加し、過去最高の伸びとなった。日銀金融機構局では、企業が予備的に手元資金を厚めに確保する動きが一服している一方、特別定額給付金の払い込みの進ちょくに伴って、個人預金の伸びが着実に高まっている、と説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE