コンテンツにスキップする

7月の街角景気、先行きは3カ月ぶり悪化-コロナ感染の不透明感懸念

  • 先行きについては、感染症の動向に対する懸念強まっている-内閣府
  • 現状判断DIは前月比2.3ポイント上昇の41.1-上昇は3カ月連続

内閣府が11日発表した7月の景気ウオッチャー調査によると、2-3カ月先の見通しを示す先行き判断DIは8.0ポイント低下の36.0と、3カ月ぶりに前の月を下回った。市場予想では44.0と、前月から横ばいが見込まれていた。

  家計動向関連は前月比9.9ポイント低下の35.8。構成する「小売り関連」「飲食関連」「サービス関連」「住宅関連」がいずれも低下し、特に飲食とサービスは2桁の落ち込みとなった。企業動向関連は同2.3ポイント低下の37.6、雇用関連は同8.2ポイント低下の33.7だった。

  一方、現在の景況を示す現状判断DIは同2.3ポイント上昇の41.1と、3カ月連続で上昇。市場予想の40.0を上回った。

街角景気

  5月の緊急事態宣言解除に伴い社会経済活動が徐々に再開へ向かう一方、7月以降は新型コロナウイルス感染症が再び増加傾向にある。今回の結果について内閣府は、「新型コロナ感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、持ち直しへの期待がみられるものの、感染症の動向に対する懸念が強まっている」とした。調査期間は7月25-31日。

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE