コンテンツにスキップする

トランプ氏、ゲティズバーグかホワイトハウスで指名受諾演説行う意向

  • 候補地を2カ所に絞り込んだほか、決定を近く発表するとトランプ氏
  • ゲティズバーグは南北戦争の激戦地、リンカーン大統領の演説で有名

トランプ米大統領は11日、11月の米大統領選に向けた共和党候補指名の受諾演説をホワイトハウスかペンシルベニア州ゲティズバーグで行う考えを明らかにした。ゲティズバーグは南北戦争最大の激戦地で、第16代大統領のリンカーンが歴史的な演説を行ったことで知られる。

  トランプ氏はツイッター投稿で、「共和党全国大会の最終日(27日)夜に行う受諾演説の候補地を、ゲティズバーグの古戦場とホワイトハウスの2カ所に絞り込んだ。決定を近く発表する」と説明した。

  ゲティズバーグでの受諾演説の可能性を巡る質問に対し、トランプ氏は「米国における極めて重要な場所の1つだ」と指摘。一方、ホワイトハウスについて、シークレットサービスにとってより警護しやすく、「最も低コストだ」として、なお検討中だと述べた。

  共和党大会は8月最終週に開催される。当初はノースカロライナ州シャーロット、次いでフロリダ州ジャクソンビルでの開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染予防で取りやめとなっていた。

原題:
Trump Says He’ll Accept Nomination at Gettysburg or White House(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE