コンテンツにスキップする

ウーバーとリフトは「ドライバーを社員に」-加州主張を米地裁認める

  • ドライバーの地位を福利厚生の対象となる社員に変更するよう命じる
  • 両社はサービス停止を迫られる恐れがあり、上訴する見通し

サンフランシスコのカリフォルニア州地裁は10日、配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズリフトに対し、州法に従い同州で勤務するドライバーの地位を独立契約社員から福利厚生の対象となる社員に変更するよう求める仮差し止め命令を出した。

  仮差し止め命令に従うためにビジネスモデル調整の方策を探る間、両社はサービス停止を迫られる恐れがあり、命令を不服とし上訴する見通し。

  今年施行されたカリフォルニア州労働法の執行を目的として、ベセラ州司法長官の下で州当局が提訴していた。

  州地裁のイーサン・シュルマン判事は、両社による上訴を可能にするため、仮差し止め命令の効力を10日間停止することを決定した。ウーバーとリフトにコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

  ウーバーの分析によれば、ドライバーの地位を社員に変更した場合、運賃はサンフランシスコで最大30%、人口がより少ないインランドエンパイアでは最大120%の値上がりが予想される。

  10日の米株市場でウーバーの株価は約2%安で終了。リフトの株価は一時4.7%高となった後、上げ幅を縮小し、終値は2.9%高となった。

原題:Uber, Lyft Must Convert Drivers Into Employees, Judge Rules (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE