コンテンツにスキップする

【米国市況】S&P500小幅高、テクノロジーの軟調が上値抑える

更新日時

10日の米株式市場では、S&P500種株価指数が小幅高。2月につけた過去最高値に接近する原動力となったテクノロジーなど一部の好調銘柄に売りが広がり、上値が抑えられた。原油は上昇。ドルは1週間ぶり高値を付けた。

  • 米国株はS&P500が小幅高、テクノロジーへの売りが上値抑える
  • 米国債は、10年債が小幅安-利回り0.58%
  • ドルは堅調、米景気対策巡る協議難航で-資源国通貨は高い
  • NY原油先物、1週間ぶり大幅高-米追加景気策の合意期待
  • NY金先物は反発-根強い景気懸念で逃避買い

  テクノロジー銘柄の比重が大きいナスダック100指数は0.5%下落。この日の上げを主導したのはエネルギー株と産業株だった。一方、米中間の緊張が再び高まる中で半導体銘柄は大きく下落。メディア株も安い。米大学フットボールの試合が中止になるとの観測が広がった。

  S&P500種株価指数は前週末比0.3%高の3360.47。ダウ工業株30種平均は357.96ドル(1.3%)上げて27791.44ドル。ナスダック総合指数は0.4%下落。米国債市場では、10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し0.58%。

  アルファシンプレックス・グループの主任調査ストラテジスト兼ポートフォリオマネジャー、ケイティ・カミンスキ氏は「テクノロジーはこの1年、底堅く推移してきた数少ないセクターの一つだ。若干下げたとしても驚くことではない」と指摘した。

  外国為替市場では、ドルが約1週間ぶり高値を付けた。米景気対策を巡る議会の協議難航が背景にある。一方で原油上昇を手掛かりに、カナダ・ドルなどの資源国通貨は上昇した。

  為替市場では景気対策協議のほか、米中関係にも注目が集まっている。中国は、米国の当局者や議員ら11人を対象に制裁を科すと発表した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。一時4日以来の高水準を付けた。ユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.1738ドル。ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=105円96銭。

  ニューヨーク原油先物相場は反発し、1週間ぶりの大幅高。米国の追加景気対策で進展の兆しが見られ、それが原油消費を押し上げるとの期待が広がった。ムニューシン財務長官が、民主党側は譲歩に前向きだとして、合意は可能だとの考えを示した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物9月限は72セント(1.8%)高の1バレル=41.94ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は59セント高の44.99ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反発し、先週つけた史上最高値に再び近づいた。経済成長に対する根強い懸念を背景に、逃避先としての金の需要が高まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.6%高の1オンス=2039.70ドル。この7営業日で6回目の上昇となった。

原題:Stocks Mixed; Oil Rises Most in Almost Three Weeks: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Advances; Commodity-Linked FX Rise With Oil: Inside G-10

Oil Rises With Prospect for U.S. Stimulus Buoying Demand Outlook

PRECIOUS: Gold Gains With Economic Worries Spurring Haven Demand

(第4段落にコメントを追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE