コンテンツにスキップする

シカゴ中心部で大規模な略奪、100人余り逮捕-当局は交通を制限

  • 民間人など2人が銃撃で負傷し、警官13人もけがをした
  • 組織的な抗議行動ではなく、単なる犯罪行為と市警本部長

米イリノイ州シカゴで9日深夜から10日早朝にかけて大規模な店舗略奪が起き、警察当局は市中心部への交通を制限し、100人余りを逮捕した。

  10日に記者会見したシカゴ警察のデビッド・ブラウン本部長は、マグニフィセント・マイルを含む主要な商業地区に群衆が殺到し、騒乱の中で民間人など2人が銃で撃たれたと述べた。一方で発砲などにより警察官13人が負傷したという。

  同本部長によると、市内サウスサイド地区で9日に警察官が関与する銃撃事件が発生した後、ソーシャルメディア上で略奪行為を呼び掛ける複数の投稿が確認され、市中心部には警察官400人余りが出動した。

  同本部長は「これは組織的な抗議行動ではない。単なる犯罪行為の事件だ」と述べた。

chicago looting GETTY sub

襲撃を受けたベスト・バイの店舗を調べる警察官ら(10日)

撮影:スコット・オルソン/ゲッティイメージズ

  

chicago looting GETTY sub

交通を制限するために上げられた橋(10日)

撮影:スコット・オルソン/ゲッティイメージズ

chicago looting GETTY sub

割られた店舗の窓ガラス(10日)

撮影:スコット・オルソン/ゲッティイメージズ

原題:Chicago Looting Spurs 100 Arrests, City Restrictions (1)(抜歯)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE