コンテンツにスキップする

ゴールドマンとモルガンSに特に厳しい-FRBが新資本要件発表

米連邦準備制度理事会(FRB)は、新たな「ストレス資本バッファー」ルールに基づいて大手行に求める自己資本比率を発表。ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーのほか、米国で事業を展開する外国金融機関の一部に特に厳しい資本要件が設定されたことが分かった。

  FRBによる最新のストレステスト(健全性審査)プロセスに基づく資本水準によれば、求められる最低自己資本比率はゴールドマンが13.7%と、米国の銀行として最も高い。モルガン・スタンレーは13.4%、JPモルガン・チェースは11.3%となる。適用は10月1日から。

  外国金融機関では、最も高いのがドイツ銀行で12.3%。クレディ・スイス・グループは11.4%、UBSグループは11.2%。

  その他の米銀は、シティグループが10%、バンク・オブ・アメリカ(BofA)は9.5%、ウェルズ・ファーゴは9%、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは8.5%、ステート・ストリートは8%。

原題:Goldman, Morgan Stanley Face Tightest Capital Standards at Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE