コンテンツにスキップする

アップルの時価総額、2兆ドルの大台に接近

  • 10日終値は1.5%高、時価総額約1兆9280億ドル
  • アップルには「燃料まだ多く残っている」-ウェドブッシュ

アップルの株価は10日に上昇し、時価総額2兆ドル(約212兆円)の大台に迫っている。

  予想よりもはるかに好調だった4-6月期決算を受け、株価は3月の安値からほぼ2倍の水準に上昇。株式分割の計画も小口投資家に評価されている。

  10日終値は1.5%高の450.91ドルで、時価総額は約1兆9280億ドル。ウェドブッシュは2兆ドル大台の達成が視野に入っていると指摘し、2021年に向けアップルには「燃料がまだ多く残っている」とした。同社のアナリストは週末、アップルの目標株価をウォール街のアナリストで最高水準に引き上げた。

Apple is approaching a historic milestone

  アップルの時価総額は最近、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコを抜いて世界一となった。米企業で時価総額2位のマイクロソフト、同3位アマゾン・ドット・コムに対し、バリュエーション面で安定したリードを保っている。マイクロソフトとアマゾンの時価総額はいずれも約1兆6000億ドル。アップルの時価総額はラッセル2000指数を構成する全企業の合計の約85%に相当する。

  S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスとブルームバーグの集計データによると、アップルがS&P500種株価指数に占めるウエートは6.5%と、35年前にIBMが記録した最高の6.4%を上回っている。

原題:
Apple Rises With Valuation Closing In on $2 Trillion Milestone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE