コンテンツにスキップする

香港の個人情報監督当局、米財務省を非難-行政長官らの情報公表で

  • 制裁で林鄭月娥氏らの個人情報公表は「ドキシング行為」と批判
  • 米政権は中国や香港の高官ら11人に制裁を科すと7日発表

香港の個人情報監督当局は米財務省が制裁の一環で香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官らの個人情報を公表したのはネット上に情報をさらす「ドキシング行為」だとして、同省を非難した。

  香港個人資料私隠専員公署(PCPD)の林植廷(トニー・ラム)長官代行は声明で、「米財務省が懸念する人物のデータ開示は明らかに行き過ぎで必要ないものだ」とした上で、住所やパスポート番号などのデータ使用・複製は犯罪となり得るとし、「ドキシング行為に相当する」と批判した。

  米政権は7日、香港の政治的自由を抑圧する役割を果たしたとして、中国や香港の高官ら11人に制裁を科すと発表。香港の自治を損ない住民の権利を侵害する香港国家安全維持法を中国政府が制定した点を挙げた。

関連記事:
トランプ米政権、香港行政長官ら11人に制裁-政治的弾圧で
香港警察、民主活動家でメディア界大物の黎智英氏逮捕-現地メディア
香港、民主活動家ら24人起訴-天安門事件の追悼集会に参加で

原題:
H.K. Privacy Chief Says U.S. ‘Doxxed’ Sanctioned Officials (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE