コンテンツにスキップする

米英豪カナダとニュージーランド、香港政府の決定を「深く憂慮」

  • 「香港の安定と繁栄の基本となってきた民主的なプロセス傷つける」
  • 米国務長官と他の4カ国の外相が共同声明で表明

米国と英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドは、香港政府が立法会(議会)選挙を延期し、民主派活動家の立候補を阻止すると決定したことについて「深く憂慮」していると表明した。

  米国務長官と他の4カ国の外相は共同声明で、「こうした動きは、香港の安定と繁栄の基本となってきた民主的なプロセスを傷つけている」と批判。また中国が制定した香港国家安全維持法(国安法)について、「香港市民の基本的な権利や自由を損なっている」とした。

  

  さらに「真に自由で公正、信頼できる選挙を通じて立法会議員を選出するという香港市民として当然の期待を支持する」と強調した。

原題:
U.S., U.K., Canada, Others Express ‘Deep Concern’ Over Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE