コンテンツにスキップする

英アヴィバ、ソフバンク支援のOSIソフト買収で独占交渉-関係者

アヴィバ・グループは、産業用ソフトウエアを手掛ける米OSIソフトの約50億ドル(約5300億円)での買収に向けた交渉で進展した段階にあると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。OSIソフトには、ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが出資している。

  関係者らによれば、アヴィバはOSIソフト買収を巡り独占交渉に入っており、数週間以内に何らかの合意が発表される可能性がある。関係者らは、情報が非公開だとして匿名を条件に語った。アヴィバは2018年に仏シュナイダー・エレクトリックの産業用ソフトウエア部門と統合した。

  最終的な合意には達しておらず、交渉決裂の可能性もなおあると、関係者らは述べた。

  アヴィバは、OSIソフト買収の可能性で交渉を進めていることを認めた。その上で、何らかの合意に至るか確実なことは言えないとし、適切な時期に追って発表すると説明した。

  OSIソフト、ソフトバンク、シュナイダー、OSIソフトの創業者兼最高経営責任者(CEO)パトリック・ケネディ氏はコメントを控えた。

原題:Aveva Is Said in Exclusive Talks to Buy SoftBank-Backed OSIsoft(抜粋)

Aveva Confirms Talks With Osisoft on Potential Acquisition

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE