コンテンツにスキップする

ゼロ金利環境で債券にリスク、ブリッジウォーターのプリンス氏が警告

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツのボブ・プリンス共同最高投資責任者(CIO)は、ゼロに近い債券利回りが抱えるリスクを投資家は過小評価していると指摘した。

  国債や高格付けの社債は資産価値を保持するための投資先として定着しているが、新型コロナウイルス感染症(COVID19)がもたらした極端に低い金利は、そうした役割を一変させたと、プリンス氏は7日にブルームバーグテレビジョンのインタビューで語った。

  プリンス氏は「金利がなければ、将来のキャッシュフローの価値を算定するための割引率もないことになる」と述べ、質の高い債券を保有することへの「不釣り合いな」リスクが今は存在すると指摘、値上がりする可能性よりも下振れリスクのほうがはるかに大きいと述べた。

原題:Bridgewater’s Prince Says Bonds Are Risky in Zero-Rate World (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE