コンテンツにスキップする

トルコ、リラ安に歯止めかからず-流動性措置縮小で利上げ回避狙う

  • 金融機関に融資拡大を迫った規制の縮小を準備-関係者
  • 7日の金融市場でトルコ資産は株・債券・通貨のトリプル安

トルコは通貨リラの下落を食い止めようと、流動性措置を段階的に縮小すると発表した。それでもリラ売りは止まらず、最安値を更新した。

  流動性措置の段階的な縮小は、利上げという強力な措置を回避するための代替策だと受け止められている。利上げに踏み切るとなれば、エルドアン大統領の利下げ推進にも反する。

  ブルーベイ・アセット・マネジメントのストラテジスト、ティモシー・アッシュ氏は「これら全てが単なる小手先の対応でしかない恐れがある」と述べ、「究極的には適切な利上げでしか市場は納得しないだろう」との見方を示した。

  事情に詳しい関係者が明らかにしたところによると、トルコ監督当局は金融機関に融資拡大を迫った規制を巻き戻す準備を進めている。一方で銀行は信用や預金に対する金利の引き上げを認められると、同関係者が匿名を条件に述べた。銀行監督当局や中央銀行、金融機関の幹部らが6日夜に会合を開き、決定したという。

  トルコは経済成長を押し上げるため金利を低く抑えつつ、リラを安定させるという2つを追い求めてきたが、政策の一部を解消しようとしている動きが示唆される。

  監督当局とトルコ中銀はコメントを避けた。

  7日の外国為替市場でトルコ・リラは一時1.6%安の1ドル=7.3662リラまで下落。イスタンブール証券取引所の主要株価指数は一時4.7%安となり、トルコ2年物国債の利回りは28ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して12.26%に達した。

原題:Turkey Abandons Credit Push to Avoid Rate Hike as Lira Tanks (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE